ストーリー

マドエレンの誕生の地 南フランスの風景

マドエレンのストーリー。

 

MAD et LEN(マドエレン)は、ゆったりとした時間がながれる南フランスの小さな村「サン・ジュリアン・デュ・ヴェルドン」で生まれたフレグランスブランドです。器や箱、ラベルにいたるまで、ひとつひとつ「手作業」で生産されています。

 

アイアン製造風景

 

ブランド名のMAD et LEN(マドエレン)はフランス焼き菓子の「マドレーヌ」に由来しています。マルセル・プルースト著『失われた時を求めて」の物語中に、紅茶に浸したマドレーヌ(Madeleine:文中はmad.lenと記載)を食べたことで過去の記憶がよみがえるというエピソードがあります。後に、味覚や臭覚からその時の記憶や感情を思い出すことを“プルースト効果”と呼ぶようになった有名なシーンであり、ブランドの独創的な調香の礎になっています。

印象的なストーリーからインスピレーションを受け、クラフトマンが独自の解釈を加え、想いを込めて生産しているからこそ、真似のできないマドエレンの独創的な世界観が確立されているのです。

 

 「失われた時を求めて」イメージ