マドエレンというフィルターで表現する自然界のアート(ポプリ/アンバー)

ポプリという言葉に馴染みのない方も多いのではないでしょうか?

馴染みのある方にとっては、逆に これがポプリ? と感じることがあると思います。

マドエレンは極めてクラシックな印象のポプリを、中世フランスの伝統技術や自然界に存在する「もの」、さらには決して目で捉えることのできない独創的な調香がなし得る香りの組み合わせで、ひとつのアートとしてポプリを昇華させ再定義しました。

ラバロック 、アンバー、アートをイメージ

荒々しく、ミニマムでナチュラル

 

マドエレンのアイテムの中で、最もファンの多いポプリ/アンバー。

初めて見る方にはそれが石なのか、化学物質なのか、説明なしにはイメージができないと思います。

その、高貴に輝くも完成されすぎていないアンバー(琥珀樹脂)の魅力を通して、アートとしてのマドエレンに迫ります。

ポプリ/アンバー

__________

アンバー(琥珀樹脂)

 

マドエレンのアンバー(琥珀樹脂)は、一般的にアカシアガムやアカシア樹脂と呼ばれる、マメ科ムネノキ亜科アカシア属の植物の樹の傷口から出る樹液を乾燥させたものです。

スーダンやチャド、ナイジェリアなど多くがアフリカ大陸を産地としています。日本では同じマメ科の植物でフサアカシア (ミモザ)がありますが、これとは少々イメージが違うものです。

このアカシアガムは100%天然成分でNON-GMO、グルテンフリーの多糖類です。水に対する溶解性が高く、水に触れると強い粘性を発生させることから、ヨーグルトやアイスクリーム、ワインなどの食品乳化剤や安定剤として、また化粧品などにも活用されています。古代より食品として食べられていたことから、人類のすぐそばにある安心できる自然の恵として、ナチュラル志向が強まる現代ではますます重宝されています。

アフリカの大地に自生する樹から滲みでたアカシアガム。マドエレンのアイアンの器の中からも、生命力に溢れた自然界のポジティブなエネルギーを放ちます。

ポプリ/アンバー  ブラックブロック

アンバー アップ

食べるものから、見て香るアートへ

 

マドエレンは乾燥させた固形のままのアカシアガムを、溶解させない絶妙な技法を用いて、自然界の香りのエッセンスで満たしました。

美しく輝きながらもひとつづつ粒が違うアンバーは、歴史や無骨さという点ではアイアンの器と共通するのかもしれません。しかしそれぞれの個性は弱まることなく、似て非なるものの魅力となって見る者をさらに惹きつけます。

ポプリ/アンバー おしゃれ

伝統と自然を大切にするマドエレン美学。

ポプリのアンバーからは、ミニマムなエレメントで最上級の美しさを紡ぐマドエレンの技が垣間見れます。